POWER OF TERADA

JAPAN NITE '09 "Omodaka" Interview

3月22日から、N.Y.を皮切りに、3月29日(日)のL.A.まで、
 アメリカを横断する全7公演のUSツアーを終えたオモダカ。
 
 全米ツアーから帰国した、OMODAKAの寺田創一氏にインタビュー。


Photo by Jake Thomas

Rody:
Omodakaの全米ツアーお疲れ様でした。

This time is an all US Omodaka tour.

TERADA:
おかげさまで無事終了しました。
モニターは"electronical appears"という演出によるものなんですよ。
写真だと分かりにくいですけど。

Thanks to you, it was finished safely.
A TFT monitor is a thing by the direction called "electronical appears".
Though it is hard to understand that it is a photograph.


Photo by Jake Thomas

Rody:
日本では「巫女姿は神聖な」印象あるけど、
あっちでは「13日の金曜日のフレディー」なんですよね。
その辺のアメリカのファンへの反応はどうだったんでしょうか。

There is the impression why "the medium figure is holy" in Japan,
It is "Freddie of Friday of 13th" there.
How would about the reaction to the American fan of the neighborhood?


TERADA:
巫女さん自体にはそんなにリアクションは無かったかもしれません。
何かちょっと不気味な人が出てきたな〜くらいの感じだと思うな。

Medium in itself may not have so had the reaction.
Do not think that it is a feeling of ... which some slightly weird person came out to.


Photo by Jake Thomas

Rody:
不気味な人(笑)
全米ツアーでは移動手段はやはりバスツアーだったのでしょうか?
また、他のアーチストさん達も同乗?
Omodakaツアーでは他の日本人スタッフは同行したのでしょうか。

A weird person(lol)
After all would the movement means be a bus tour by the U.S. tour?
In addition, are other artists rides, too?
Would the other Japanese staff be accompanied by the Omodaka tour?


TERADA:
移動はほとんど飛行機で、皆同じ便に乗りました。
自分一人だけの参加なので他のスタッフは同行していませんが、
全バンドを率いるSXSW のスタッフは数人いたんですよ。

Most of the movement got on the all same flight by air. Omodaka oneself
Because is participation only for one, the other staff is not accompanied,; but all bands
There was several staff of SXSW to lead.


Photo by Jake Thomas

Rody:
今回のアメリカ横断ツアーで、苦労した事や事故などはありましたか?
過去のライブ中に「MacBookPro落下事件」などありましたが(笑)

Were there the thing or the accident that had trouble with this US crossing tour?
There were "MacBookPro fall cases" all over the past live broadcasting(lol)


TERADA:
TFTモニターをマイクスタンドに固定するためのアダプターを
持って行ったのですが、マイクスタンドのネジの形が違っていて
使えなかったんです。それでバーとかにある背の高いイスにTFTモニター
をテープで固定してパフォーマンスしました。背の低いイスしか無い場合は
イスごと持ち上げたりして、もの凄く重かった。

An adapter to fix a TFT monitor in the microphone stands
I took it, but the form of the screw of the microphone stands is different and
I was not usable. Thus it is a TFT monitor in the tall post that there is to a bar
I fixed it with を tape and made a performance. When there is only a short chair
I lifted every chair and was extremely heavy.

機材を入れたトランクが自分と同じ便で運ばれなかったこともあって、
飛行機に預ける荷物の検査はかなり厳しいんだな〜と実感しました。

Partly because the trunk where I put machine parts in was not carried by mail same as oneself,
When the inspection of the load to leave with an airplane was considerably severe, I realized it.

Rody:
海外旅行などで同じ便で運ばれないって言う話ありますよね。
ライブに間に合って良かったですねトラブルもなく(笑)
ライブに使用した機材はどんなものだったのでしょうか。

There is a story to say luck The airplane transportation by the same mail by overseas travel.
It was good to be in time for live broadcasting; without a shin trouble(lol)
Oh, what would the machine parts which I used live broadcasting for be?

毎年リリースしてるCDについて。
今年はNew CDのリリースがされていませんが、
今後のCD or DVDのリリースの予定はありますか?

About a CD releasing every year:
The Release of the New CD is not considered to be it this year,
Is there the plan of the Release of the future CD or DVD?


Photo by Jake Thomas

TERADA:
使った機材は:Apple-MacBookPro, KORG-Kaossilator, PSP, NintendoDS, GameBoy-Color,
TFT display, Mixer, Audio-Interface などです。

そして今年中にリリースするCD/DVD を制作中です。

The machine parts which I used: Apple-MacBookPro, KORG-Kaossilator, Sony-PSP, NintendoDS, GameBoy-Color,
TFT display, Mixer, Audio-Interface.

And I am producing a CD/DVD to release by the end of this year.


Rody:
全米ツアー大成功おめでとう御座いました。
そして、新しいCD/DVDに期待しております。
インタビューご回答どうも有り難う御座いました。

I enjoyed U.S. tour great success, and there was father.
And I expect it in new CD/DVD.
Thank you very much for an interview, an answer.

*(If there is mis-Translation, for a Web interpreter, I'm sorry)


Sweat, screaming, and samurai at Japan Nite '09



Tilt/Shift Media photographer:Jake Thomas & Blog.
Flickr: Ace0fClub5's Photostream
 
 この雰囲気タップリの写真はLA在住 Jake Thomas 氏によるものです。
 彼は"Ace0fClub5"として知られており
俳優でもあります。(Terada)

 The Photos were taken by Jake Thomas, aka ”Ace0fClub5”
 an
actor and photographer living in LA. (Terada)

サルサル大作戦

PSPのゲーム「サルサル大作戦」のサウンドトラックを制作
しました、去年の9月から今年の3月の7ヶ月位の期間毎日毎日
サルっぽい曲を考えながらバナナを喰って暮らすサル生活。
ペースを保って作り続けるのが辛いけれど、劇的な変更などは
あまり発生しない感じで長距離マラソンを走るような感覚。



そして終わってから数ヶ月は短期間での企画とか広告関係の
仕事が続いたのだけど、もう劇的な変更の連発でヘロヘロに。

このデジャビュ感はなんだろうと思ったら草サッカーだった。
「上がってこーい」「戻ってこーい」と言われて行ったり
来たりする感じだ、、、 だから中澤は本当に凄いと思う。
                   - 寺田 創一

劇団くねくねしの音楽制作

「劇団くねくねし」の音楽制作について寺田氏にお伺いしました。

 この演劇用の劇伴はOMODAKAのデザインをやってもらっている人から
 面白いよ〜って聞いて何回か観に行ってから始まったんですよ。

「オールド・ロッテン・ピロティーズ」の制作ノート
「オールド・ロッテン・ピロティーズ」は出演する役者が「くねくねし」とかなり
重複していたのです。でも脚本は違う方が書いたので、雰囲気はかなり
違った感じでした。その脚本家から曲のイメージを聞いて1曲作りました。
そのイメージっていうのは"革命を感じさせるもの"って事だった。

「洗濯鬼逃げた」の制作ノート
これも脚本家からのイメージを聞いてから、鼻歌っぽく作ったのです。
ピアノの伴奏で稽古場で役者の方々に歌ってもらって録音してから、
そのあとで8bit 的なオケに差し替えました。2曲目も鼻歌っぽく考えて
制作したと思う、これは劇中で役者が歌うタイプのものだった。

- 寺田さんお忙しいところ回答有り難うございました。
「劇団くねくねし」のみなさん、関係者のみなさん、
とても楽しい演劇有り難うございました。

チップチューン現状進行形?

サルゲッチュ3

7/14 に発売予定のサルアクションゲーム「サルゲッチュ3」の音楽(CMとサルサルソングとメサルギアを除く)を制作しました。普通だと1つのタイトルに4050曲なのですが、今回はなんと84曲。ボツになった曲も含めると1年間で100曲くらい、修正版も含めると160バージョンくらい作ったので頭の中はサル一色に染まってしまいました。

最近のゲームはCD等と同様にオーディオファイルが再生されるものが多いのですが、この「サルゲッチュ3」内ではムービーを除くゲーム中では「SPU」と呼ばれる方式で音楽が再生されているのです。スーファミ並の物凄〜くクラッシックな方法です。

これは400Kb 位の領域に音源と再生MIDIファイルを詰め込むことで音楽の容量をMP31/10 以下の大きさに圧縮してシステムの負担を極限まで小さくするものです。PS 時代はCD-ROM だったのでメディアの容量節約の意味もあったハズなのですが、この形式に対応するチップいわゆるICPSPS2には内蔵されているらしいです。

このため圧縮職人?に曲のデータを託して変換をしてもらうのですが、海外旅行用の荷物をハンドバックに収納するかのような芸術的な詰め込み技により曲が元より良くなることもしばしば。そしてサウンドを統括する監督の鬼チェックによりゲーム全体の演出に則していながらも面白いゲーム音楽が出来上がったと思う、自画自賛。

この圧縮の調整に立ち会ったのも始めてだったけど、より少ない情報量で多くを伝えるという操作は音楽のミックスダウンやドット絵などにも似ているなあと感じました。

今回は元祖ゲームの1997年位の基本システムを変えないという理由でSPU方式が採用されたと思うけど、ロースペックならではの風味とかそういう魅力も再発見。PS3 になるとこのチップがソフト音源化されて搭載されたりするのかも、、、


追加情報:
世界中で悪さをしているピポサルをひたすら捕まえるアクションゲーム、
『サルゲッチュ』シリーズの最新作。
 
その名もズバリ、"メサルギア ソリッド"。あの大ヒットした
潜入アクションゲーム『メタルギア ソリッド』がベース。
気になる中身は、ミニゲームの枠を超える本格派っ!!