POWER OF TERADA

劇団くねくねしの音楽制作

「劇団くねくねし」の音楽制作について寺田氏にお伺いしました。

 この演劇用の劇伴はOMODAKAのデザインをやってもらっている人から
 面白いよ〜って聞いて何回か観に行ってから始まったんですよ。

「オールド・ロッテン・ピロティーズ」の制作ノート
「オールド・ロッテン・ピロティーズ」は出演する役者が「くねくねし」とかなり
重複していたのです。でも脚本は違う方が書いたので、雰囲気はかなり
違った感じでした。その脚本家から曲のイメージを聞いて1曲作りました。
そのイメージっていうのは"革命を感じさせるもの"って事だった。

「洗濯鬼逃げた」の制作ノート
これも脚本家からのイメージを聞いてから、鼻歌っぽく作ったのです。
ピアノの伴奏で稽古場で役者の方々に歌ってもらって録音してから、
そのあとで8bit 的なオケに差し替えました。2曲目も鼻歌っぽく考えて
制作したと思う、これは劇中で役者が歌うタイプのものだった。

- 寺田さんお忙しいところ回答有り難うございました。
「劇団くねくねし」のみなさん、関係者のみなさん、
とても楽しい演劇有り難うございました。